天は二物を与えずって言いますが…(出先にて)

先日、ユニクロに行ってきました。

4年ぶりぐらいにズボンを購入しまして。
すそ直しをして頂き、レジへ…。

レジにて。私の前のお客さんが異人さんだったのです。

日本語、ゼンゼンワカリマセーン。ハナセマセーン。

店員さん、おろおろ、おたおた。

その時、代わりに来た、歳の頃21.2の店員さん(女性・純日本人)が、


それはそれは、流暢な英語をお話になるんです

英会話や英語の授業で習ったわけでなさそうな、ネイティブなイングリッシュ!

まるで留学でもしていたかのような(してたかもしれない)、すごく慣れた感じで。おそらく、異人さんとの会話に慣れてるんでしょう。英会話塾ではそうはいかない筈。パニックになるはず。

すっごいですね。私、軽く感動でしたよ。若いのに、国際社会で堂々としてらっしゃる(ユニクロ内でしたが)。

…それから1時間後…

すそ直しが終わった頃を見計らい、取りに行きました。先程のネイティヴアメリカンの女性が対応してくれたのですが…。取りに行ってから結構時間かかったんですね。その間、2人の別の店員さんから声かけられましたから。
そして挙句…


「犂さん、ズボンはこちらでよろしかったでしょうか?」

ネームタグには別の方の名前が

「…違います…」
「申し訳ございませーん」

何故、「No it isn't」と言えない、俺!

その後、商品を受け取り、帰ろうとした所、


「ブーブーブー

「申し訳ありませーんお客様、タグを外し忘れたようでして…」

…おいおい、やってくれるじゃないの。

さっきの英会話はなんだったんだ?めっちゃカッコよかったのに。

何が言いたいかと言うと、人は得手不得手があるということ。
丁寧で親切でしたが、いかんせんおドジさんでしたね。

天は二物を与えないんだなぁ。

でも1つは与えてくれるんですよね。考えようによっては。

やはり長所・短所もコインの裏表みたいなもんですね。

でも、あの店員さん、非常に記憶に残りました。礼儀正しかったんで、いいとこのお嬢さんかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック