日本の夏、キンチョーと甚平の夏。

どうやら梅雨のようですが、やけに涼しかったり、妙に暑かったり、わけの分からん陽気が続いております。

そんな中、今年の梅雨時や夏を如何に乗り切るか、をテーマに一人脳内会議を開いたところところ、

「今年は甚平を着よう!」

ということになりまして、

ま、四月半ばにネットにて甚平を購入いたしました。

夏でも下半身半ズボンは性にあいませんもんで、2パンツ(半ズボンと長ズボンのセット)にしました。

もちろん綿麻です。綿100%では真夏は暑かろうとの計算で。

さて、頃は良し。上着だけでも羽織ってみるか、てなもんで、先日箪笥から引っ張ってきましたところ。


実に良い!

着心地最高です!半袖Tシャツだけよりも涼しく感じます。袖も長い(七分丈)なので麻効果もあり、実に清涼感120%全開。

日本の夏、甚平の夏、ですわ。

しかも私、妙に似合うんです(別段、自慢ではない)実年齢より老成して見える(もちろんいい意味で)。なんか、和服はきっとその人の精神年齢を如実にあらわすに違いない!と一人合点してしまいました。

だって、若造が着ると、変にヤンキーや、やんちゃに見えたり、似合ってなかったり、少なくとも知性は感じられないもの。

やっぱり、それなりの人が着ないと似合わないですよ、甚平に限らず和服は。

相応に見えないですから。

思わずもう一着購入してしまいました。前回は青を購入したので、今回は黒でキメてみました。

ホントは龍の刺繍が欲しいけど、それは来年以降ってことで…。

作務衣はお坊さんの仕事着、てイメージがありますので、いまいちリラックスしかねるかな、と思い、まだ購入予定はありません。

もしかしたら、修行が足りないから、まだ着れないのかも…。

何年かしたら、春秋の部屋着になってるかもしれませんね、作務衣。そのときは今より落ち着いていることでしょう。

ま、なんせ、これからの夏は甚平で決まり!ってことですわ。お勧めです。

下町の着物屋さん
http://www.rakuten.co.jp/kimonoya/713279/500007/

京きもの問屋 松田好商店
http://item.rakuten.co.jp/matudakou/805-69/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック