犂 晴家・懸賞台帳(当選の項)

私、懸賞応募を思い出したかのように葉書を出すことがあります。仕事が忙しいので、たまに面白そうなのがあると他にも目がいってしまうんです。

そして、スーパーに行った場合、懸賞葉書のチェックを怠りません。

何故か?それは忘れもしない10年前の3月の頃。腰を痛めて自由に動けなかった私は、暇をもてあまし、ロト6や宝くじに走り手っ取り早く小銭を設けようと目論んだのです。なんて子供なんだ…、10年前の俺…。

勿論、あぶく銭には簡単に手に入らず、所詮宝くじで10枚3000円購入で3300円当たりってなもんで、博打の無情性をはかなく感じ入ってしまったのです。

パチンコは長時間台に座っていなければならず、当時の私には到底耐えれず世の中にさえ無情を感じてしまっていました。

そんな中、ふと立ち寄った本屋にて、「懸賞生活」なる本が目に付きました。

へぇ、いろんな応募が出来るんだなぁ、ポイントとかバーコードとか集めなくても色々手に入るんだなぁ、と欲しい賞品の応募先を盗み見て、メモを取る言う悪事にまで走りがちでしたが…

あまりに魅力的だったので、その本を購入。

世は図らずも電波少年での芸人「なすび」の懸賞生活が密かに始まっており(1998年1月から)、懸賞に応募なんてあまりメジャーではなかった時代。(当時私はその企画を知らなかった)

その本から20枚は応募したでしょうか…。

1ヵ月後…。

「お届け物でーす」って

キター!

織田裕二がキター!バリに来ましたよ。

忘れもしません、サントリー・モルツのTシャツでした(当時、川藤がCMに出てました)

すっげー嬉しくて、今まで当選ってしたことないから。

その後も今では忘れてしまいましたが、3・4点はその本からの小物ではありましたが、当選品が届きました。

ハマリましたね。

その後、色々応募して、ホント色々当選しました。

98年当時、フランスW杯があり、大きな記念ボストンバッグが当選し、その後も、かばんが4個(リュック3つと小さなボストンバッグ「オリンピック記念だったか?」)、懐中時計が2つ、フリースやキーホルダー各種、ベイビーGショック、腕時計・スプーンのミロバージョン、サントリーBOSSのエッチング腕時計やBOSSキャップ、置時計、果ては携帯用テレビやGショック、ビクターのヘッドフォンなどなど…。

画像


画像


もっとあるんですが、なかなか思い出せない。なんせ、送ればなんか当たる事に気づいてしまったのです。

その後、腰も治り、人生を急転直下でいい方向に行くことができました。少しでの運が向くことで大きな運も手に入れた、今でこそホントそう思います。

ということで、今でも、なんかプレゼント企画を目にして、少しでも興味がそそられると、応募するようにしています。

仲間とも一緒に応募することもあり(私を見て「本当に当たるんだぁ」と思ったらしい)、そういう時は、何故か私は当たらず、一緒に送った人が当たります…。おむすび山の机やチェリオの携帯入れ、柴咲コウテレカなど。

そして当選品は、何故か自分の手元より他人の手(主に家族)に渡ってしまう。母親曰く「だから次々当たるのよ」らしいです。

そして最近、久しぶりに当選しました収納式ストラップ・PUTIT。

画像


好きな所で止まり、ネクストラップとしても手首で止める事も可能というスグレモノ。

画像


ヤフーショッピングでも売れ筋賞品ランキングで1位とか。

勿論特許商品!

収納式のストラップを探してまして、ネットで発見しました。

だから思わず購入してしまったのです。

画像


その後、朝日新聞で応募があったので、ダメ元で応募したところ…。

当選。ですわ。
画像

しかも色違い。
画像

人生そんなもん、って、勿論感謝・感謝です。運が向いてきたかなぁ?いい感じです。

というわけで、調子に乗って今週だけで3枚も応募券つきの葉書送ってみました。

犂 晴家・懸賞台帳乞うご期待、ですよ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック