襖と畳、障子を張り替えた

大掛かりな一大事業。

襖(ふすま)、畳(たたみ)、障子(しょうじ)、を変えました。

ふすまは12時から始めて、終わったのは8時。

5枚張替え。桟も外して、古い唐紙剥がして、茶はり紙張って、乾いてから唐紙を切り張り。剥がすのも大変。

糊付けして、水を唐紙に塗って、貼り付け。そうそう、刷毛で空気も抜かなきゃね。パリッとね。

いっそパソコンバリにコピッペしたいぜぇ、と思うぐらい面倒。

出来上がりはこんな感じ。

画像


旗から見ればプロ並らしいが、やってる本人たちは至ってテキトー。古い障子紙とか下張りにしてるし、ジュースの跡がかすかについてるし。

しかし下ごしらえの段取りは万全。とっての中に番号振って、前後ろ、上下の目印もつけて、桟の番号を養生テープに書き込んで。

今風に言うと、バッチグーグー。

2日後は畳の入れ替え。畳自体は40年物。以前干したのは昭和58年。

16畳埃だらけ。アレルゲンだらけ。歴史を感じました。そしてお約束として、計321円拾いました。仕上がりはこれ。
画像


画像


そして昨日は障子の張替えと、今週は大掃除週の如く色々働きました。

さながら職人のようです。すぐ親方怒るしね。しかし、勉強になりましたよ。

次回からは私が親方でもできる気がするぜ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック