テレビ朝日が伝えた伝説のスポーツ名勝負を見ながら、再インストール

2月5日の木曜にiriver iFP-890のCDをインストールしてから…



どうにもパソコンが重たくなりすぎている。全然動かない。今まで推定年齢30代後半だった私のパソコンが、急に(2日で)70代前半まで年食った感じ。

そりゃねえだろ。


おいおい、アンインストールするかぁ?

「いっそ、再インストールしちゃえば、時間あるんだし」

そうかい、そうかい。というわけで…

2004年夏購入の私の愛機・HPのcompaq nx9110の再インストールを敢行!ザ・思いつき!

というわけで、NHKの天気予報を見ながら必要なデータを取り出して、

PM7:00

再インストール!

正確には、2006年2月11日に1日がかりで(AM8:30~PM11:30まで)と2007年4月29日の祝日にさらっと(AM8:30~AM11:00前)に再インストールしているので、再々々インストールになるわけです。

最初の再インストールは骨でして。オペレーティングシステムドライバがイカれてまして、職場のパソコンでCD焼いて、いろいろしながらでしたから、1日仕事でした。

2回目は慣れたもんでさくさく終わりました。

さて今回、

テレ朝の50周年スポーツ番組を見ながら。

76年6月26日に行われたアントニオ猪木対アリの異種格闘技戦。

初めて試合を見ました。ぞくぞくしますね。

アリの大人気なさと猪木の余裕の裏に隠された戦略と焦り、度重なるアリサイドによるルールの変更と、それをすべて飲み込む猪木ハイキック・関節技・投げ技・肘撃ち禁止。レスラー何も出来ねー。

エキシビジョンのつもりが、ガチにまで発展した背景。アリ側もまずいと思ったんでしょうね、グローブが完全に試合用ではなく、薄すぎるのが画面からも見て取れました。

そして、おそらく、二人とも極限まで(計り知れる人はいないはず)の緊張を持って迎えた試合。

猪木にしかできなかった戦法でしょう。純粋な天才ボクサー・アリは、寝た相手にはなす術もなく。世紀の凡戦といわれていたらしいですが、いやいや、たったらアリ有利だし、禁止事項が多すぎて、猪木はスタンディングでは勝ち目ありませんって。アリの拳は完全な凶器。ヘビー級のボクサーですよ。いいところに1発入ったら、以下に鍛えたレスラーだって致命傷ですって!

そこは賢さ1枚も2枚も上手の猪木さん。プロデュース力も持っていたんでしょうね。はっきりいって、あの作戦が今回のルールには一番適していたでしょう。見ててぞくぞくしましたよ!アリはマウスで逆上させるしか術がない、しかし猪木は乗るはずもない。そして、下半身攻撃に慣れていない、寝ている相手にパンチは届かない。純粋ボクサーでは、いかんともしがたかったのでしょう。

これで中途半端に蹴りでも繰り出そうものなら、それこそ猪木の思うつぼ。中途半端に立って攻めようもんなら、アリの思うつぼ。

そんな思惑が交錯する中、アリの太ももは赤く腫れ上がる。たまに繰り出すパンチで、猪木はコブができるぐらいの衝撃。

いや、感動しました。食い入るように見てしまいました。最近の格闘技で、こんな風に思わないぞ!また、猪木対アリ戦のその後や、二人にしかわからない奇妙な友情、そこも描かれていてすごくよかったです。猪木引退はリアルタイムで見てましたしね。

そして、88年10月19日、プロ野球パ・リーグダブルヘッダー「ロッテ」対「近鉄」戦。

いつも閑古鳥が鳴いていたり、アベックがいちゃいちゃチューしていたりのガラガラの川崎球場の試合は放送予定になかったのに、あまりのヒートアップぷりに、突如試合生中継。当時のテレ朝スポーツ局長のクビがかかっているのにお茶の間にこの感動を届けたいという思いが伝わってくる。

まさか、ドラマやニュース飛ばしてまで、今日び野球中継するか?しかもパリーグで。

それぐらいの熱戦。そりゃ、ニュースステーションも報道しないといけない大ニュースいっぱいあったのに、飛ばしてまで野球の接戦放送するわ。久米さんも大興奮!

いやいや、やっぱりこれがプロですよ!感動がここにありました!先日のスマップの特集もよかったし、テレ朝素晴らしい!

そうそう、再インストールは2時間で終了。オフィスやイラストレーター、フォトショップも入れて、後はキングソフトのウイルスバスター入れてっと。


いやはや、いい1日だった!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック