天地人・一難去ってまた一難

張り子の虎ではなかった「猛き虎」と、愚鈍ではなかった「伏せった龍」の攻防・第3章。


兼続の外交折衝によりご飯の心配のなくなった景勝軍。しかしまだまだ包囲されていますし、景虎様の次の手、北条・武田連合軍が間近まで迫っております。

ヤサグレ景虎「所詮騙し合いと心得ておりまする」

極妻・仙桃院様にも吐き捨てるようにいい、今回の景虎様の出番はここまで。華姫曰く「本丸奪うなんてことしなけりゃ、兄貴の家臣になるつもりだったのに!」との本心を明かされるも、今では綺麗な景虎様のお顔には物凄い険が…。意外に長く続く御館の乱、天の時・地の利、まだまだ景虎様寄りの様子。

武田の軍勢は信濃の国境まで、さらに、北条の援軍は、上野の国境付近まで迫っており、景虎様の一番の狙い、上田庄を脅かす寸前まで来ております。意外に戦上手、景勝憎しが際立ってきました。


そんな絶望的な状況で景勝公の家老、栗林平泉&深沢は、北条から上田庄を守るため、上田庄に戻ることを決意。二人の決死の覚悟に若手一同は上杉の侍としての生き様と義を学びます。

そしていらないエピソード、信長と初音。初音のあの服は何だ?時代劇じゃねー。そして何が「流石、真田の娘じゃ」?当時の真田、武田軍所属じゃないの?父・昌幸の名が挙がるのはもっと後、天下に近い秀吉や家康を翻弄する頃でしょうに。上杉家を大きく見せるつもりなんだろうけど、いやー、いらんやろ、初音の存在。なんか無理やり差し込んだみたいで、オープニングの{チェンジ}の毛筆と同じぐらい必要性を感じません。

それはそうと本題の、俺もなんか手を打たなきゃ、と主役の【これはしたり兼続】は、与七の戯言案「武田と和睦」という策を思いっきり進言しちゃう。長年の宿敵である武田と結べるか!と、家臣達ばかりか景勝公も猛反対。しかし兼続は「越後を守ることがなにより大事」と景勝を説得、苦虫潰しながら景勝公も納得(半ばふてくされ。それはしょうがないけど、そうしないと命がないもの)。武田との外交折衝も桑取の件成功の実績がある兼続が使者として、武田の陣に単身乗り込む。といっても泉沢幹久と与七も一緒ですが。ま、単身といっていいでしょう。3万の軍勢の中に3人で行くのですから。

和睦の交渉の席は、川中島を望む最重要地点・海津城。この城の存在によって、上杉は信濃攻略が出来なかったのです。そこを長年死守したるは、武田家の重臣・山本勘助の鬼才を受け継ぐ高坂弾正。

しかし高坂弾正、先週よりも息も絶え絶え。ちょっぴりマズイご容態。しかし人を見る目は鋭く、3万の中を3人で来るなんていい度胸ジャン、話聞いたるわ、と貫禄全開。

兼続は誠実に両家の現状を説明、争うは何の益もなし。川中島決戦も今は昔、今は手を携えましょうと説得。

コヤツできるな、と高坂は納得した様子。亡き御館・信玄公は上杉の亡き御館・謙信公を「漢」と認めし好敵手、兼続の姿と熱意に謙信公を見たのでしょう。兼続に同盟の件・わからず屋の勝頼公に進言するよ、と約束。なんせ「摩利支天」にかけてですから!やっぱり勘助の愛弟子ですね。頭も切れるし男気ありますな。

てか、上野と信濃の国の上杉領割譲って、かなり有利な条件ですわな。越後守ることが最優先の上杉軍は必死ですから、それぐらいしないと武田も乗ってきませんて。

てなわkで、やっとこさ落ち着きを取り戻しつつあるピンチ続きの景勝軍ですが、来週も波乱がありそうで―。 なかなか攻撃の手が止まないぜ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック