天地人・御館の落日

張り子の虎ではなかった「猛き虎」と、愚鈍ではなかった「伏せった龍」の攻防・最終章。

前回、武田との同盟締結によって、完全に「天・地・人」を味方につけたといえる景勝軍。今こそ御館総攻ぞ。潰してしまえ!しかしあちらにはまだ強力なカードが…。

仙桃院様&華姫。とりあえず景虎様に降伏勧告をするものの、景虎様は勿論断固拒否。そして、こうなると出てくるのは暗闇での暗闘。そう、暗殺の序章…。

景虎軍の二枚看板の北条高広が、何者かの手によりあっさりと刺され、哀れ雪に埋もれてしまいます。なぜか顔だけ雪は積もらず。演出が相変わらずです。過剰というか、魅せたいというか。なんだかなぁ。しかし、この暗殺によって、マスター柿崎も亡き今、景虎軍の戦闘能力はガタ落ちです。戦にならないぐらいかも。

交渉も難航、血で血を洗うことになりそうな中、後の兼続夫人お船様が御館に景虎様ではなく仙桃院様を説得すべく乗り込む。うーん、男前。交渉の半ば、女性のほうが強いのは越後の気質か、はたまた演出か?

嘘の遺言の手前もあり、仙桃院様は景虎様にに謙信公の幼少時の不遇が景虎様の養子と厚遇にあったのですよ、だから、これ以上越後を乱さないで降伏してほしいと懇願。

ここは折れなきゃ謙信公の養子ではない、と自問自答したであろう景虎様。致し方なし。やむおえず降伏を受け入れ、人質として嫡男の道満丸ちゃんを預けることに。まるで鬼の憑き物が落ちたかのように、穏やかな伊達者・景虎様のお顔に戻っていました。景勝公も道満丸には無体するわけないとの信用もあり、これにて一件落着と思いきや…。


ところが、春日山へ向かう途中で道満丸ちゃん、おそらく遠山の手の者によって襲撃され殺される。史実では、前関東管領・上杉憲正も一緒に暗殺されているそうで。謙信公の義父という、考えようによっては物凄いカードも持っていた景虎様でしたが、流れを奪われ落ち目になってしまいましたね。

景虎様は景勝公の仕業ではないと思いつつ「…やむをえん」と再反撃。やはり御館へ総攻撃しかないんですね、解決手段。景勝公も致し方なし、攻めよと一喝。

ここで悪の黒幕・北条の手先だった遠山。「北条の兄君も迎え入れてくれますぞ」との甘言。しかし、これも嘘でしょう。おそらく小田原に帰ったら、良くて冷や飯、最悪「死」でしょうね。道満丸だけじゃなく北条高広も遠山の手で暗殺されているはずだもの。景虎様はわかってますから、華姫と一緒に北条方に逃げることなく(御館からは逃げたが)自害を決意。

遠山は不敵な笑みを残し脱走。案の定、上杉家をひっかき回しただけの小物でした。しかし、また出てくるんだろうなぁ。多分。

そしてなぜか華姫が先に自害。ここは意味が分からん。一緒に死んでやれよ、おかしいだろう。そして、敵に囲まれているはずの城内にあっさり侵入してきた兼続達。喧騒の中のはずなのに、なぜか静寂の景虎様。イマイチ腑に落ちないい演出ではありますが(視聴率も下がってるみたい)

「我、行き過ぎたり」

道満丸の件は我等存ぜぬの兼続の言葉を聞き、なんとなく納得した様子の景虎様。先に逝った華姫をお姫様抱っこし、闇の彼方に消えていきました。享年26。哀れですね。


とはいえ、歴史は勝者が語るもの。「」とは現政権に対する反乱や武力による抵抗という意味合いであり、このことは、勝者・景勝が正当であり、且つ鎮圧に成功した。故に後に語られる場合は御館の乱。景虎様は反乱軍として、打ち滅ぼされたのでした。

祇園盛者の鐘の音、諸行無常の響きあり。これが後に語られる「御館の乱」でございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック