天地人・今回閑話休題的な笑いが満載

今回はなぜかコミカル。

まずは景勝公。秀吉公相手でもだんまりを決め込み、ここはなんか話さないかんだろ、というところでも、ここでも話さない。無駄にコミカルで、天然。しかめっ面が逆にかわいいと評判なはず。

それに加えて、知らん間に菊姫様ご懐妊ニュースが仙桃院様の耳に届き、実は誤報。しかし、景勝公は言い出せず、なぜか兼続に間違いでしたと言わせようとする始末。

菊姫様と、普通なら起こりえないような痴話喧嘩。世継ぎ世継ぎとまくし立てられ、ただでさえ武田から嫁いで心細く、しかも武田滅亡したから、精神的に子どもどころじゃないわな。その度、兼続は家老なのに、過労。というか、無駄な気苦労。

そんな中、正直者という名の頑固者・石田三成が直江家に登場。お忍びらしく、格好もちょっとだけ地味。でも、派手。

兼続から、石田三成の話を聞いていたお船様。「あっ、狐…」って、どうやら直江家だけでなく、この番組も、







お船様で持っているかもしれないぞ!

しかし、直江屋敷で上田衆若手家老連が仲良くしようと石田様に話しかけるも、泉沢殿も、パパイヤ殿もけんもほろろな舌殺を喰らいソッポ向いちゃう。髪形について触れるなよ、パパイヤ。お前も大概突っ込みどころ満載だぞ!まぁ、上方でもあんな髪型は三成だけでしょうけど。サムライいうより、小姓やん!なんか後ろ髪ねじってあるし!



子どもか、おまえ等は!



そんな損な態度しか取れない三成君。しかし、お船様には妙に素直。美しいだの、出来た奥方だの。好きなんかな。ていうか、妙に初音に強引なんですけど。


要するに、素直すぎるだけ、本音で語りすぎるだけ、しかも端的に的確に話の核をつくもんで、それに加えて口調に棘があるからそら、痛いトコ付かれるわ相手は言い返せないわで嫌われるわな。しかしお船様はその本性を見切ります。そして兼続も…。


ということは、



三成、お船様のことはまんざらではないらしい。というわけで直江屋敷に逗留することに。


その夜、兼続と三成が語り合う。久しぶりに炸裂の「どじょっこほい」
義を胸に掲げつつ相容れなさそうな兼続と三成。その二人の本質は同じであるも違いは、

陰と陽。馬鹿になれるかなれないか。人に好かれるか嫌われるか。


そして本音で語り合う二人。はっきりいって基本スペックは物凄い高い二人。話が合うとトントン拍子。秀吉公から聞いた握り飯の話から、ひさしぶりに涙を流す三成。

この会見から、後に語られる大合戦「関が原」の連携が生まれるのでした。

うーん、おちゃらけムードであったけど、わりと見ごたえあったかな。来週は、もっと面白そうだ。ついに舞台は越後国外へ。そして何故か来週の主役は戦国無双的・真田幸村!だって、



十文字槍なんだもの!!

完全戦国無双意識。そしてハーフっぽい生意気な感じ。ルーキーズの新庄みたいだぜ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック