天地人・戦上手な関白殿下

さて、不定愁訴に倒れる景勝公を寝かしつけ、代理で挨拶回りを続ける兼続。いつの間にか連歌を身につけ、武家衆だけでなく公家衆をも魅了し続けます。そしてしまいには

「そなたが上杉の主のようだぞ」

と福島殿に言われてしまう始末。しかもどうやら、福島殿一人の意見でもない模様。これはしたりな大出世!そんな兼続に忍び寄る魔の手・その一。

大坂城へ一人で参内せよとの関白秀吉公の命により、一人参内する兼続。

その前に城内にて腕相撲をしている槍の又左とサルの藤吉郎。実際に腕相撲したら、






圧倒的に利家公の勝ちに決まってんだろうが!との突込みにも負けず、どうやら互角の模様。

そこでのお話では、

猿「わしには天下のためにいる人材、理の三成がおる。こいつがいれば、天下は収まる。しかしもう片輪・情の男が欲しい。それこそ上杉家筆頭家老・直江兼続。この男が欲しい。」


えー、忠誠度100の兼続のヘットハンティングは容易ではないですよ。しかし、欲しがり屋のお猿さんは迷わず二の矢をぶち込む。

まずは真田幸村。人質としてうけおい、ちゃっかり才能を見抜き近習に仕立て上げる。そして、真田家を助ける代わりに

「幸村、わかってんだろ、お前賢いんだろ?」

とやんわり兼続を豊臣家に持ってこいと恫喝。しかもタイミング悪いことに北条家に出されていた姉・真田初音が兼続の懐へ傷つき舞い落ちる。


真田家ピンチ!北条に攻め込まれて、徳川に攻め込まれたら、流石に戦術だけでは太刀打ちできない。ここで幸村

「関白の配下になってくだされ」

兼続、ちょっとまずうござる。

そんななか、影が薄くなりがちな景勝公の下に、千利休が訪問。茶の湯を馳走し、景勝公の人となりも見てなかなかの器と見受けます。そして茶器に例えて御身の危険をそれとなく助言。しかし、漢・景勝、動じません。腹を括った模様。

その夜、今度は二人で関白にお目通りをすることに。その場で兼続を家臣にする気満々と石田三成から聞かされる兼続。景勝公はトップとして、男として、自分の首で場を収める気のようですが、兼続も自分の命を的にしている模様。


戦場での戦と、「政」という名の駆け引きの戦。どちらも長けた秀吉公を相手取り、次週、上杉主従が、







キター


と大袈裟に、関白を叱り飛ばすそうな。

うーん、どうなることやら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック