天地人・猿に猿芝居

る戸なんだか中央政権にいると、話が直江家の話でなくなってきてしまいがち。

しかし、今回兼続は上杉家の執政として、全権をゆだねられるまでに成長。なにやってもオッケー。それほど信頼されています。京に上ろうが越後で内政してようが、一切自由。かなりの権限です。トップの景勝公は


「お前の盾になろう」

いやー、このご時勢、ここまで言えるトップはいませんよ。全権委任って恐ろしい話ですよ。しかし、トップはこのようにじっと動かず必要に応じた時に動けばよい。そんないいお手本ですね。

というわけで、今回は太閤・秀吉ご乱心シリーズ。ついにお拾君のため、関白・秀次公を切腹に追いやります。城の普請やらなんやらで、なぜか差配は三成が取っていると判断される。

家康公からも「治部少!」といっつも嫌味をケンケンガクガク言われ、言い返すことも出来ず、悪者扱い全開。そして、皆から悪者に見られてしまっている。人当たりきついからなぁ。

ヤンキー伊達政宗にもガンつけられ、兼続とも面会せず、初音からも変わったといわれてしまう石田治部少。しかし、本音は


秀吉に命令されて、しかも、諫言はしているのに鶴の一声で葬られていたのでした。

秀吉に任せておいては日の本は狂う。そう案じた兼・三コンビは大老制と奉行制を発案するも、いかんせん身分が軽いため話がトップに通らない。あぁ、気持ち分かるなぁ。そうだよね、トップに話って通らないよね。


そこで一計。猿・秀吉公の竹馬の友、犬千代前田利家公に話を持ち込みます。イマイチ弱気な利家公。そこで取った作戦が…





泣き落とし

往時の槍の又左と謳われた歴戦の勇者の取る作戦とは思えない一計。しかも、御館の乱を引き合いに出してまでって…。イマイチ伝わりにくいだろうに…。

しかし、三成が泣くことによって、何とか作戦成立。猿に対して猿芝居。こんな泣き落としが功を奏するとは…。なんだかなぁ。
五大老・五奉行制が発動され、ついに日本も安泰か、と思いきや…

秀吉、倒れる。波乱が起きますね。


そして、景勝公。毎度毎度お茶目すぎ。大老・宇喜多秀家公が若いと皆に言われている中、


「わしもまだ若こうござる」


と、とんちんかんな発言。三成に対しての家康公をたしなめる器量と裏腹に、天然ぷりを発揮してしまうおポンチ景勝公でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック