右膝の古傷が…

うーん、文化系なのか体育会系なのか最近までよく解らなかった犂です、こんばんわ。

基本痩せ型だし、ていうか華奢だし、ていうか体質的に弱いしで、まぁ、純粋な体育会系ではないんだろうけど。でもね、気づいてしまったんですよ。

はっきりいえるのは、



文化会系ではない、、ということ。

というのも昔は剣道してたし、高校はヤンキー系に囲まれ、学校自体が上下関係の厳しいところだったので、自然敬語やでかい声での返事など、気合には事欠かなかったし。(先輩に少しでもタメ口聞こうもんなら、ドロップキックが飛んでくる、マジで。私、往復ビンタや物凄い重いローキック喰らった事あります)

そして、昔からなんですが、仲のよい友達や、最後の学生時代でも、

体の大きな方とつるむことが多かったんです。何でだろう。空手の師範代や柔道部・野球部・サッカー部のキャプテンなどなど。

そして、内にこもるタイプの奴らとか、どことなくおかしな子らとは話が合わないんですね。

どうやら、文化会系の子らとは話が合わないみたいなんです。ホント、最近、気づいた。


今も仲良しなのは、体を動かすのが好きな、言うならば、感覚的に生きているのばかり。あまり論理的なのを前面に出さないのばかり(といっても、まったくの筋肉馬鹿ではない。むしろ、完全なノリだけの体育会系とは気が合わないことも実証済み)

ということで、どうやら私、




割と論理的に物の考えられる体育会系寄りの子

ということで落ち着きました。

さて本題。また明後日ショートコースに行ってきます。多分2ラウンド。

最近まで、そんなにゴルフすることなんてないと思っていたけど…。先輩がよく師匠といっていたんで私のところに話は回ってこないし、自分も運動神経はそれほど良いとは思ってなかったから、ゴルフは体動かすだけの手段と思っていたけど…。

去年の後半から、うまくいくようになってきました。頭と体が一致した感じ。心のあり方がプレーに反映している感じ。

こんなにうまくいくとは思っていなかっただけに、新鮮です。ありがたいです。ここにいなかったら、こんな感動も味わえなかったのでしょう。

しかし、ここでまたまた問題が…。

昨年の後半から、巧くなってきたときから、今度は体に問題が…。




右膝が痛い…。

理由は…

10代の頃、父親がゴルフしていて、家の裏の山を登って降りたところがゴルフの打ちっぱなしで、何回かやったことがあったんです。

そこで、スイングして膝がコキッて不自然に回ったことがあって…。

その後なんともなかったのに…。

痛いんですわ。原因は同じスイングし過ぎで関節にキてるんですわ。

そしてまたしばらくして気づいたのが、

立っているときでも、右膝が無駄にピン、っとしてしまっていて変に真っ直ぐし過ぎで、ゴルフ場を走り回っているときも、右膝のスプリングが効いていないから、


曲げにくくなっていて硬くなっていて、痛いんです。

次の日には取れるんですが、階段の下りとか、きついですね。運転は大丈夫。

だから、それに気づいてからは、極力ゴルフ場でも曲げるようにしています。真っ直ぐにし過ぎないように。あまり走らないように。フルスイングしても負担がかからないように、サポーターも買いました。

後輩小さい娘に「四股踏まないからサポーターせなあかんのや、って先生に怒られますよ」といわれ、

犂「うっせい!痛いんじゃい!」

と強がるしか術がなく…。

ま、弱点がわかったらそれをどうするか考え、対処していけばいいので、とりあえず、太腿の後ろの筋肉「ハムストリングス」を鍛えようと思います。

体動かすのは昔から好きなんで、やっぱり体育会系寄り、って事でいいと思います。師匠いわく私の運動神経は普通らしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • もうすぐ三周年!

    Excerpt: なんだそうで。 Weblog: 投げっぱなしジャーマン闇がたり racked: 2011-02-14 13:35