龍馬伝 暗殺指令 二重人格・武市

昨日の見どころは、龍馬の攘夷思想のおさらい、弥太郎の受けれっぷりと自分本位、そして、武市さんがダークサイドに堕ちるぜよ!の3本。

その前に要潤が本格参戦。かなり好戦的な勤王派。やたら暴発思想。やっぱり、沢村役ではなく、



岡田以蔵の方がお似合いぜよ!やたらワイルドぜよ!実際の沢村惣之丞は龍馬の脱藩の手引きしたくらいじゃないっけ?

そこで、沢村から「あんたは冷めてるぜよ。実際攘夷する気あるんか」と問われ、攘夷について知るべく、長州の久坂のもとへ。

松陰譲りの才覚と激情を持ちつつ、分かり易く金と銀の交換の不平等について説明する久坂。現在の日本とアメリカのやり口と似てると思うのは、俺だけか?

そんな中、ひとり浮かれる弥太郎。どうやら、結構なべっぴんさんと結婚ですと?寝耳に水は出来事。東洋に取り立てられると、羽振りが良くなって、いろんな運もついてくるのか?

「カワイイーカワイイー

ずっと連呼。かなりアホ。

こんな閑話休題の中で、武市さんの意見書は吉田東洋に握りつぶされ続き。ついには門弟一同と直訴に。しかし、


吉田東洋の方が役者は一枚上手な上に、肝心のお殿様も開国に関心アリ。見込み違いな武市さん。

「うぬのような周りの見えないやつは大嫌いじゃぁ!!!」

東洋キック!!!

下駄で足蹴!

「グアァァアァァァ7!」


やたらヘタレな武市さん。その後、イマイチ頭の回らない、血気盛んな草々兄さん、いやさ後藤象二郎にもストンピングを喰らい、呻くしか手だてなし。土佐勤王党門人一同、何も出来ず。


東洋「坂本はいなかったノウ」

草々「…はい(何で坂本ばっか言うねん。俺じゃあかんのか?)」

晴れの日は籠はいらんといわれてるのに確認しちゃう草々兄さんは頼りになりません。

そして、自宅に帰った武市さん。またもやダークサイドの、なぜか中村主水使用の襟巻きをした二重人格のもう一人の武市半平太がささやく。

「東洋を斬っちゃえばいいじゃん。俺はおまえの味方だ」


タケチ・スカイウォーカーは痛みと苦悩の末、ダークサイドに飲み込まれていく。ダース・ハンペイタの誕生や!

そこをたずねてきた龍馬に、

「東洋を斬ってくれ!!斬ってくれぇ!!!!」

悲痛な叫びとともに、必殺仕事人じみている格好にもかかわらず、暗殺を頼む武市さん。かなり目がイッてます。自分ではやりません。

別の場面では、時同じくして嫉妬に駆られた後藤も、なにやら勘違いしている弥太郎を恫喝。

「坂本を殺せ!!!!」

ダース・ショウジロウも邪魔に思えてきた龍馬暗殺を弥太郎に指令。

北辰一刀流目録の龍馬と、やばい奴らの集まりな土佐勤王党を抱える武市半平太。かたや、イマイチ使い物にならない以蔵達にまでは道を譲ってしまうまでのヘタレな上士しかいない、剣に覚えなしな弥太郎に暗殺を指令する後藤象二郎。

東洋と龍馬の命、どっちがあやうしか?ここまではっきり差があると、結果は見えてますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック