テーマ:NHK

龍馬伝・お腹召しませ長次郎

ついに大型取引を終えた、近藤長次郎。 元商人らしく、毛唐の悪逆な騙しテクニックにも引っかからず、こちらに優位に話を進めるあっぱれな手際。 勘定を一手に握り、すべてを出し抜く知力と胆力。 勤王党の武市さんどこの収二郎さんのような存在。亀山社中に長次郎さん有り。しかし… 頭が切れすぎたのか、商人上がりで知らぬ間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝・狙われた龍馬。近藤勇、弱すぎ。

今回の龍馬伝はチープな作りでしたね。前半部分は閑話休題か? 絶対有り得ない、近藤勇との邂逅。 お龍口説く気?近藤さん、下戸でしょ?酒飲めないはずじゃん。そして、薩摩藩士に化けた龍馬に気づかずにしばらく酒酌み交わしてるなんて、しかも刀の当て身で失神するなんて… 新撰組・局長失格でしょう。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝・大河ドラマのキャストの奇妙

ひさしぶりに大河ドラマについて語っちゃおうかなぁ。 毎週龍馬伝は観てるんですが、なかなか感想がブログにかけない状況でして…。 肝心の以蔵の処刑や武市さんの切腹について、意見が述べれませんで。 正直、引っ張りすぎかな、ってのが感想。以蔵、ほとんど最後のほう存在感がなし。 無宿人・鉄蔵についてのエピソードもドラマ内で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武市半平太論

前回の以蔵論が好評のようなので、忙しいにもかかわらず、今回は武市論を展開。 ま、このキャラはどのドラマや映画でも、大きく人物像が変わることはないでしょう。 威丈夫で、あり得ないくらい潔癖で優等生、聡明且つクールにも熱くもなれるカリスマ、ってとこでしょう。アジるのも巧いし。 龍馬伝ならではの武市像というと、特徴は2つ挙げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更ながら大仏開眼

いやー、あんまりテレビ見ないんですよ。このGWも、何かと忙しく、どちらかと言うと肉体労働してました。ゴルフは無しでしたけど。 だもんで、ブログはあんまりできませんで。と言うことで久しぶりなので、龍馬伝以外のドラマの話をひとつ。 先月頭にありました、2回シリーズのNHKドラマ「大仏開眼」 奈良朝の頃のお話なんで、なかなか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝 江戸っ子勝麟太郎とガッツ万次郎

なかなかおもしろいですね今回の大河。兼続は御館の乱以後のぐだぐだが長く続きましたが、今回の大河・龍馬伝はまだまだ期待できそう! そして、ついに登場、軍艦奉行並・勝安房守麟太郎海舟!永遠の龍馬役・武田鉄矢の登場だ! 龍馬との初対面。×ばっかりつけられる。もの凄い勢いでまくし立てる勝。同じ事2回言うし、おそらくほとんどアドリブで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝 お尋ね者龍馬 ワイルド龍馬と犬っころ以蔵

第二部・開幕!冒頭で、成金な弥太郎が、後藤象二郎や板垣退助の金の無心を無下に断るという冷血っぷりと芸者と戯れる助平っプリを発揮。坂崎氏も登場。ここでの聞き書きが、昨日書籍の紹介をした「汗血千里駒」として発行されるんです!これはなかなか面白いですよ。 でもね、主人公は15分不在。 どうやら龍馬は沢村要潤とは別れた様子。一路薩摩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝 暗殺指令 二重人格・武市

昨日の見どころは、龍馬の攘夷思想のおさらい、弥太郎の受けれっぷりと自分本位、そして、武市さんがダークサイドに堕ちるぜよ!の3本。 その前に要潤が本格参戦。かなり好戦的な勤王派。やたら暴発思想。やっぱり、沢村役ではなく、 岡田以蔵の方がお似合いぜよ!やたらワイルドぜよ!実際の沢村惣之丞は龍馬の脱藩の手引きしたくらいじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝 引き裂かれた愛

毎週見てます。最近では、全く福山と龍馬に遜色なく、すんなり世界観に入れてましたが…。 日曜4時のトーキングFMにて、福山氏のDJで、ちゃっかり龍馬伝のCMをしているではありませんか!! アアアアーアー♪ っていう、ちょっと怖いオープニングが流れ始め、あらすじを語る福山雅治。 「龍馬伝・第10話 ヒキ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

わしは江戸へ出て、歌手になるぜよ!

江戸に行きたいぜよ! ミュージシャン修行がしたいぜよ! ドラム(太鼓)たたきながら素振りしたいぜよ! そして龍馬は江戸につきました。 江戸では当時、 ・ユニバーサルミュージック ・ポニーキャニオン ・ソニーエンターミュージック の江戸三大道場がひしめき合っておりました。 という冗談は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩崎弥太郎が小汚いらしい

昨日、週刊朝日を読む。 龍馬伝についての記事が。ちょいと気になったので。 香川氏演じるノボさん、ではなく弥太さんが、 汚く見えてあかんだろ、とのクレームが来てるらしい。 三菱からのクレームという。 創業者を、三菱財閥の祖を、なんであそこまで歯がガタガタで、貧乏で(これは事実でしょ)汚い鳥かご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだかな,龍馬伝

いやー、初回から見てるんですけどね、「龍馬伝」 まだ序盤だからってのもあるだろうけど… いまいちパッとしねー。 福山のちぃ兄ちゃんっプリしか見どころがないのか? どうも広末が浮いてるぞ。 武市半平太はちょっとカッコいいけど。 一番おかしいな、と今更ながら思うのは、というより初回から思ってることは… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・猿に猿芝居

る戸なんだか中央政権にいると、話が直江家の話でなくなってきてしまいがち。 しかし、今回兼続は上杉家の執政として、全権をゆだねられるまでに成長。なにやってもオッケー。それほど信頼されています。京に上ろうが越後で内政してようが、一切自由。かなりの権限です。トップの景勝公は 「お前の盾になろう」 いやー、このご時勢、ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わしはこんなとこ、きとうはなかった!いや、来る気まんまんだろう。

今回の天地人。月曜の体調不良と通う・水曜の忙しさのため感想書けず。強いて今思い出してみると、 話の一つ一つに脈絡がない。個別にみるとまぁいいんだろうけど、なんだかなぁ。 まぁ、豊臣秀俊。上地の馬鹿殿っぷりがしょうもない。一回一回お拾様に手を振る仕草がアホっぽい。景勝公と違い、無駄によくしゃべり、薄っぺらな印象が馬鹿っぽい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天地人・菊姫無双乱舞により淀の御方様が心を開く。

今回の天地人。直江兼続は地味な展開。しかし、京では… 淀殿のわがままドロンジョ様っぷりったらないわねぇ。チョっと綺麗なものがあると、すぐ欲しがるんだから。 菊姫様が越後に打診したんだろうか、絶対に途上で枯れるであろう花々が、京屋敷(聚楽第)を彩りました。 でもね、正妻・北の政所様は、敷き詰めた花々にオカンムリの様子。う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・菊姫様が可愛過ぎる

ずっと影が薄かった、景勝公の正室・菊姫様。ついに今回、京へ上洛し越後屋敷に住まうように秀吉からのお達しが。 利休を幽閉するなど、晩年に差し掛かり、「狂」じみてきた関白殿下。そろそろ豊臣政権もおかしな方向へ。弟君・大和大納言秀長卿も亡くなられ、枷が無くなってしまったんですね。 そして、利休の身を案じた景勝公は茶室で説得するも届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・独眼竜の嫁は、前・独眼竜・渡辺謙の娘。

そう、昨日は久々の完全オフ。なのでいろいろ遊びに行ってきました。 そして本屋では「天地人ガイドブック後編」が!おお、兼続が髭面でりりしい!鎧もシックに決まっている!景勝公も髭をたくわえ、三成も変な三つ編みから髷を結い直していました。しかし、 いまだ前田慶次はキャスト未定。うーん、引っ張るなぁ。 そう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天地人・ドロンジョ様のワガママに与七キョトン

今回は、何故か「与六と与七」の題名で、また子役使って視聴率稼ぎかよ、と思いきや 子役の登場はあまりなく、 今回は優秀な筆頭家老・兼続の影に隠れがちな実は切れ者の与七実頼にスポットライトが。 実はかわいそうな次男坊。直江家を継いだ兄に代わり樋口家を継ぐではなく、源氏の名門・小国家に婿入りしていた経緯が明らかに!物凄い冷や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・かよと青柳の受難と誰より強い仙桃院様

ついに越後に帰ることになった上杉一行。しかし、関白殿下はオカンムリ。だって、関白を叱りつけちゃうんだもの。しかし、ネネ様のお取り成しもあり、とりあえず一件落着。 その後、燃やしにかかっていた景勝公の書状をすんでのところで「おや?」と思った兼続。こっそり覗き見ると、 景勝公は詰め腹を切らされることをお覚悟のご様子だった。「責め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・戦上手な関白殿下

さて、不定愁訴に倒れる景勝公を寝かしつけ、代理で挨拶回りを続ける兼続。いつの間にか連歌を身につけ、武家衆だけでなく公家衆をも魅了し続けます。そしてしまいには 「そなたが上杉の主のようだぞ」 と福島殿に言われてしまう始末。しかもどうやら、福島殿一人の意見でもない模様。これはしたりな大出世!そんな兼続に忍び寄る魔の手・その一。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・架空の人物がメチャ強なのはやめようぜ

ついに京に上洛した越後のお侍さんたち。そこに待ち受けるは関白殿下と家臣衆、そしておかしな面々…。 千利休の娘・お涼。ま、初音と同じで架空の人物。故に脚色が容易。故に、 物語が安っぽくなってしまう危険性をはらむ。 案の定、この時代の女性の発言力など皆無にも近いのに、田舎とはいえ一国の国主や筆頭家老に意見だけでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・与六フィーバー無駄演出

どんなコラボだ、今回の天地人! 思い出話が錯綜しすぎだぞ!軽く妄想だぞ。新旧キャラ入り乱れて半年たったもんでここらで与六再登場ってか? どうやら与六は子供社長だけでなく、歌手デビューまでするらしいし。なんだ、 「かつおぶしだよ人生は」って? というわけで、今回の内容のこじつけは、上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天地人・あれ?ROOKIES?タイトルが真田幸村登場

なんか視聴率が欲しいのかなぁ。こんなタイトルはないよね。てわけで、 ついに登場、真田初音。何故か使者として後光を従え参上。 いやー、存在意義が分からん。何に対して、何の橋渡しなのかが全くワカラナイ。別に初音である必要はない。この時代、女の立場ってそんなではないでしょうに。 初音は、真田の娘であること…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天地人・おいおい、なんだよ石田佐吉

オット、昨日のブログで突っ込み忘れていたことがあったぜ。 オープニングでのこと。相変わらずの意味のないお習字オープニング後、石田三成の紹介があり、寺の小姓時代での秀吉公とのエピソードが語られたんですが(お茶三杯出して小賢しい、ではなく機転が利く、ってやつね)、その時に出てきた石田三成の少年時代(佐吉君)が、やたら小栗旬に似てるんす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・今回閑話休題的な笑いが満載

今回はなぜかコミカル。 まずは景勝公。秀吉公相手でもだんまりを決め込み、ここはなんか話さないかんだろ、というところでも、ここでも話さない。無駄にコミカルで、天然。しかめっ面が逆にかわいいと評判なはず。 それに加えて、知らん間に菊姫様ご懐妊ニュースが仙桃院様の耳に届き、実は誤報。しかし、景勝公は言い出せず、なぜか兼続に間違いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・景勝ダンディズムと三成シニカル

本能寺より早3年。3分で流れる3年。 秀吉の手により、大坂を中心とする日本主要都市は制圧された。そして忍び寄る魔の手。好々爺(というほど歳はいってないが)の笑みに隠された越後支配。 成り上がりで来たが故の身の軽さを利用した、本人直々の春日山訪問。なかなか、大名自ら来ることはないだけに、越後中が震撼する。 景勝公は「会わ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天地人・初音が光秀暗殺したかと思っちゃった。

先週は忙しく、ブログで天地人について触れなかったのです。正直内容忘れてまして。せいぜい、 「兼続、平泳ぎダセー」 ぐらいで。しかしこのドラマ、生き死にの瀬戸際の場面で、どこからともなく現れて、どうやって、死地を脱出したんだ?て場面が多い。普通なら、兼続2.3回死んでそうなのに。 というわけで、運命の本能寺。前置きなく始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・織田家の侵攻に対して北条家はナニしてんの?

なんか急展開。急に兼続、大出世したもんで、嫉妬交じりの子供の喧嘩のようなお手打ち事件があり、あっさり上杉家代々の筆頭家老の家柄の養子・直江信綱様が亡くなってしまいました。 えぇー、こんなんでいいのか?妙な戦国の習い。斬ったほうもただでは済まないこと請け合いなのに…。 そんな中、景勝公はしたり顔で兼続に「直江家に婿入りせよ。お船と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人・甲斐の虎の娘と不器用な新・越後の龍

ずいぶん引っ張った御館の乱。ずいぶん年代的に足踏みしましたから、今回で3年ぐらいが経過しました。 若干22歳の兼続君。めっちゃランクアップ、家老に抜擢されます。他の上田衆も、家老や城主に大抜擢!論功恩賞抜群です。みんな頑張りましたからね。兼続は上杉家から身を引くつもりみたいでしたが、周囲がそれを許さず、果ては遠く徳川家まで今回…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

虎は何故強いと思う? 元々強いからよ。

と、前田慶次が「花の慶次~雲の彼方に~」で言っていた。うーん、名言。虎はもともと強いから、人相が凶悪になるまで修行しなくてもいいんだって。ある武芸者にそう告げ、逆上した武芸者は刀を振り下ろすも涼しげな慶次に一刀両断されていた。 天地人の前田慶次は誰がやるんでしょうね。 以前、TOKIO長瀬案を提唱していました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more