テーマ:NHK

8時10分前後の奇跡

ここの所、3週間、 8時10分前後には、 本寿院様が、大暴れ! 怒鳴り込みや、高笑い、今回は、 酔っぱらいです! 飲まなやってられん、とばかりに酒浸り。 やけ酒か?と思いきや、後半では泣き崩れる場面が。 不安なんでしょうね。心配なんでしょうね。今後の行く末が。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展開はコテコテのほうがわかりやすい

たまに観ている「だんだん」 双子の姉妹が再会し、親子間は微妙な感じを残しつつ、舞台は京都へ。夢花はキャンパスライフを送る片割れに嫉妬にも似た羨ましさも感じ、ジーパン穿いて、大学に乗り込んじゃう。 わっかりやすーい!私、二人クルクルクルーって回って「どーっちだ?」ってされたら、わからないもの。 まだこっち(京都)はええわ。問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清い川には魚は棲まない。または清い魚は、綺麗な川以外は棲みにくい

小松様にせよ龍馬にせよ、理想が高邁ではあるけど、純粋な方ってのは、乱世や時代の転換期には生きにくいのだろうか?そう思わされる回でした。 単純に血を見ずに国家形成を、古き世の良さを持ちつつ新しき世を、ってところでしょうが、底辺に近い処遇で生きてきた西郷大久保には、その理想が甘ちゃんにしか見えないんでしょうね。小松様は家老でボンボンだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松様の誠実さか?

突っ込みどころは数あれど(篤姫があんなに政治的発言が出来るはずがない、そして通るわけがないナドナド)視聴率もいいらしいし、なかなか面白い篤姫。 ついに薩長同盟は締結。西郷さぁと大久保さぁの見ているところは違うけど、同じ目的の為に出し合う案で長州に対して対等にしていく点は圧巻。そして小松様が薩摩訛りでないのに、いろんな実権を持ってる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲の若い子達は「だんだん」とはお礼を言わないであろうと思われる

いやー、おもしろいっすね、朝の連続テレビ小説「だんだん」 前作の「瞳」がひどかった分(前々作・ちりとてちんは凄く良かった!)見応えがありそうで。 主人公は、というかふたりっ子の片割れは、毎日「赤いスイートピー」歌ってる。しかも着メロまで!確かに名曲だけれど、こちらも聞いてて一緒に歌ってしまうけれども、飽きないのか? そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮様の勘違いは過保護の結果か?

久しぶりの篤姫の感想。 坂本龍馬があまりキーパーソンとして機能していない。そりゃそうだ、薩摩藩や幕軍とは関係ないもん。しかし、小松様の隠れた魅力がキラリ。懐大きいし、気が利くし。そういえば、西郷さぁも大久保さぁも、小松様がいないと木っ端役人のままの可能性も多いし。そら、舞妓はんもなびくわ。あの娘さん、朝の連続テレビ小説・わかばに出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮さん エドさん

宮さん宮さん お馬の前に ひらひらするのは なんじゃいな トコトンヤレ トンヤレナ と言うのは、官軍が江戸城総攻撃の際に、時の官軍の大将の一人、長州藩の品川弥次郎が作詞したという「錦の御旗」と言う歌の一節。 と言うわけで、和宮様は「オオミダイドコロサマ」と言う名称は気に入らないらしく「宮さん」と気安く呼ばれたいらしいですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ見てないや、まいご三兄弟

ちりとてちんの本が最新号でまだ店頭に並んでいるさなか、8月10日に放送されたスピンオフドラマ・まいご三兄弟。 ビデオは撮ったけど、忙しくてまだ見てないや。 噂では、あまり面白くなかったって聞きましたが…。 どうだろう?そのうち見よう、ほととぎす。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粋だね、勝様

昨日の篤姫。見応えありましたね。 家茂様って割と話の分かるお殿様、いやさ将軍様ですよね。井伊様そっちのけで、勝麟太郎のお話を聞き入ってる。そして飄々としつつ豪胆な北大路・勝。粋な置き土産とお話で、将軍様と天障院様のハートを鷲摑み。 そりゃ話に引き込まれるわ。壮大だし、先を見越してるし、なんせ人間出来てるし。結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまいち主役不在感のある篤姫

公方様が逝き、斉彬公も逝き、西郷どんまで島流しと、大物退出続出で、ここ何回かどこと無く盛り上がりに欠ける感のある大河ドラマ・篤姫。 本寿院様も影薄くなり、お志賀も尼寺へ、滝山は色っぽく頑張っているものの、幾島までが退場と、いかに家茂様がさわやか棒読み科白でもいかんともし難い気がする。ま、今回はお公家のお婆さんの粋な啖呵が炸裂で小気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more